2009年10月30日

コマに輸液開始

順調だったコマだけど、食欲が落ちてしまった。
数日前はちゃんと食べていたんだけど、途中で歯茎が痛むのか、
やわらかい缶詰なのに「イタタ!」って素振りをして、ごはんをおいて逃げてしまう。
9/30に抗がん剤と、歯肉炎のための注射をしたんだけど。
昨日は朝から食べようとしないので、お休みだった私が強制給仕。
コマをだっこして、缶詰にお湯を少し足して飲み込みやすくしたものをぽいっと。
ここぞとばかりに、テイスティビタミンもちょっとだけ混ぜてみた。

寒さは、こういう病気の子にはフツウ以上にこたえるんだなぁ。

強制やだよーと訴えるコマに、
私はこうやって、今までのみんなに食べさせてきたんだよ。
カナはお腹すかせたまま、死なせちゃったんだよ。
そんなことを言いながら、ぽいぽいぽい。
あまりたくさん食べさせても、あとになって吐くことも多々あると知っているので、
お皿いっぱいにはこだわらず(ホントは完食させたかったけど)終了。
ほんの2、3日なのに、目に見えるほど体つきが細くなった気がする。
コマはあったかいねー、もっと食べられるようになって、元気にならないとね。

そして今朝も、コマは食べようとしない。
遅番で出勤だったので、ごはんは妹にまかせて、今日は輸液をすることにした。
いつもは60mlのポンプだけど、うっかり間違えて35mlシリンジを開けてしまった・・・
これ、カテーテル用にとっておいたシリンジだった・・・

気を取り直して、ポンプ大なら2本ですむところを、半分の量なので4本分輸液。
液の入りが早いので、軽く脱水気味だったのかなぁ。
輸液しておいてよかった。
腎臓の方も心配だし、体重維持も兼ねて今日から2本ずつ輸液をしておこう。
輸液は予備が3パックあるから、次の診察までヨユウなはず♪

病院にも予約の電話をいれておいて、2日に診察予定。
それまでは、治療中にもらってて調子が良いので止めていたステロイド薬があるので、
これを飲ませた方が良いか院長先生に確認した。
前の治療の時と同じく、1日1/2錠を飲ませることでOK。
ハルの時とかも言われたんだけど、ぴたっと取り急ぎ炎症をおさえる時などに、
ステロイド薬を飲ませる場合があるんだって。
ちゃんと薬の管理をしておいてよかった。エライぞ!妹!(←妹がしてた)

※他の家庭でも猫の薬があったりするかもだけど、
使用するときは必ず獣医さんに相談してからね。
自己判断で飲ませてよいものではないと、私は思ってます。

歯や歯茎の痛みが引いたらがつがつ食べるようにと、ザナベレも注文したんだけど、
午後頼んでもうすでに発送してくれた;いいSHOP;

病気の子は、ちょっとしたことで体調が落ちやすいんだけど、
少しずつでも手を打っていけば、また回復できるんじゃないかと思う。
そのためにできることがあるっていうのは、やっぱり、自分にとっても救いだなぁって。
まだできることがある。
あきらめないですることがある。

抗がん剤がもう効かなくて、どんどん大きくなっていったハクの腫瘍。
輸血しても輸血しても、3日くらいでどんどん壊れていく、はねの赤血球。
どうにかしたくても、どうにもできないことが私にはあったけれど、
コマにはまだ、してあげられることがいろいろあるから、がんばろう。


2009年10月24日

うりの副鼻腔炎

コメントの質問にもあったので、今回は我が家の「猫カゼ」のこと。

保護する猫はたいてい、猫カゼにかかってる。
保護されてほっと気がゆるむのか、
少し立つとカゼの症状がよく出るような気がするんだよね。
空もそうだったし、今年のうりもそう。

アズミラビタミンを缶詰に混ぜて食べさせるようにしてから、
うりのハナミズはおさまり調子よくなったと思ったのだけど・・・
涼しさを増して「寒さ」を感じるようになった頃から、またぐずぐずハナミズ復活。
膿性のハナミズなので、鼻づまりをしては、くしゃみとともに吹っ飛ばすという・・・
それを繰り返して慢性の副鼻腔炎、慢性の鼻炎になるわけだけど。

ウィルス性の病気はなかなかウィルス全滅とはならないので、
治療というか、めざすところは「免疫力の向上による体調の改善」かな。
要は、栄養を補給して体の調子をあげよう!ということ。

リンパ腫でも猫カゼでも、私が考えてる基本ラインはかわりません。

食べたいもの(でもできるだけ質が良いとされるものね)を食べよう!
その上で、足りない栄養素を補ってみよう!

昔の私は、サプリが病気を改善してくれると強く思っていたんだけど。
それはそれで、間違いではないんだけどね、
ニンナナンナさんや病院の先生に言われた「まず食事が大切」を忘れないでほしいと思う。
サプリはあくまでも「補助」
ちゃんとごはんで栄養をとらないと、そのパワーを十分に発揮することができないものです。
闘病をしていると、たくさんのことを考えすぎてしまって、
そしてなによりも、本当に本当に治してあげたい一心で、
考えが逆になっちゃうことあるんだよね。
サプリで元気になれば、ごはんをもっとたべられるようになるはず、って。
私が、そうだった。

そんなわけで、まずは食べられるものを食べて体力の維持を。
実際、副鼻腔炎の空は、洗浄をしたわけでも長期治療をしたわけでもないけど、
いつのまにかハナミズ飛ばすのおさまってる。
保護当時はよく、血のついたハナミズをくしゃみとともに出してたんだけどね。
ずーずー言うのも治ってる。
その分?ハラは垂れてるし体格もいいけど!
ちなみに空は、エイズはないけど猫白血病キャリアです。

治療についてはいろいろだけど、
今回の「うり」は、コンベニア注(抗生剤注射)を10/23に打ってきました。
(うりは検査をしていないのでキャリアかどうかわからないです)
アズミラのビタミンを欲張って混ぜすぎたせいか、カゼが酷くなったせいか、
3日前に1回だけひどい軟便になったので、ちゃんと診察してもらわないと、と。
いくら体に良いものでも、うっかりあげすぎは良くないよね・・・

院長先生とまた話したけど、鼻に管をいれて洗浄するのは、
一時的には鼻づまり解消されるけど、慢性の子はまた詰まるからねって。
それよりも、2週間安定して効くこの注射の方が、効果が見えているそうです。
飲み薬だと、その日の薬を飲ませる時間によって、体内の薬の成分が均一で保たれないけど、
注射なら一定の濃さで薬効が存在してるわけだから、ボスの私もラク。
飲み薬をいやがる子なんかにもいいんじゃないかなって思います。

このコンベニア注で2週間様子をみて(飲み薬はナシ)、もう1回打つか大丈夫か決めます。

あと、点鼻薬を通常出されるんだけど、くしゃみをする子ってなみだ目にもなるよね。
うりもごはんを食べた後とか、結構なみだ目になってるので目薬ももらおうと先生に言うと、
点鼻薬と目薬両方使うのではなくて、
目と鼻はつながってるから、目薬すれば鼻にも薬が通るよ、との事。
今回のうりは、コンベニア注とこの目薬のみで2週間様子を見ます。

猫カゼは、カゼといってもウィルス性のなかなか完治が難しい病気なので、
基本的な免疫力up作戦が、長い目で見るといちばんいいのかなぁって思います。

といいつつ、最近はそんなに特別なことはしてないけど。

◆うり(体重3kg)の場合◆
■皮下注射 ¥1,050
■薬価(抗生物質14日間有効)体重1kgあたり ¥1,560
■点眼液 ¥1,570

2009年10月05日

コマの寛解は続く

腎臓系のリンパ腫のコマは、寛解状態が続いていてとても良い状態。
ほんとは1週間に1回の抗がん剤VCRを、今はなんと2ヶ月に1回打つ状態。
春からずっと2ヶ月ペースできています。
体重も少しずつ増えていて、だっこするとその重みがうれしい^^。
院長先生もほんとにコマは素晴らしいね、ってしみじみ言う位。

でも、涼しさを感じるようになった9月下旬かな?
すこーしだけど、なんとなくだけど、コマの調子がちょっと落ちたような気がした。
どこが、っていうわけじゃないんだけど・・・
むせてるだけかもだけど、咳き込む姿をみた。
リンパ腫をもってる猫として、胸水の疑いとかあるからね、
猫屋敷レベルでは、咳き込む姿は要注意項目にしてます。
でもまぁ、聴診器で聞いてもざらざらしたような呼吸音でもないから大丈夫だと思うけど。
ごはんを食べていて歯茎が痛そうな素振りをみせているのも気になる。
歯肉炎がでてきたってことは、免疫力がちょっと落ちたってコトだよね・・・
そうなると、がん細胞が力をつけてきてしまう恐れもあるし。

そんなわけで、10/3予定だった抗がん剤をちょっと早めて9/30にしてみた。
どんな病気でも進行のはやさはヒトの体感日数より早い。
2,3日でも予後にかかわってくるから、ヘンだと思ったらすぐに病院にね!

今回は腎臓の数値だけでなく肝臓の方も検査項目で追加したんだけど、
腎臓のCreがちょっと平均より↑なだけで、あとは全てクリアかわいい
赤血球なんて700万とかぴかぴか(新しい)
はねとかササの200万とか激減する赤血球を体験してる身としては、
その赤血球の力強い数にはげまされてしまう。

輸液は、今まったくしていないのにCreの上がりがほんのちょっとと聞いて、
院長先生も感心していたけど。
単発的に、1週間に1回くらい輸液をしておこうか、ってことになった。
輸液パックはあるので、新しい針セットとシリンジを追加で購入。

体重は100gだったかな?前回(2ヶ月前)より落ちてしまったけど、
口内炎・歯肉炎対応の注射を追加してもらって、今回の抗がん剤もつつがなく終了でした☆

本 院長先生に質問したこと「これから気をつけたほうがいいことは?」

院長先生は今もちゃんと管理してるよって言ってくれたけど、
(でも、サプリはあげてないし、ごはんもみんなと一緒のだけどたらーっ(汗)
◆体重管理
◆体温管理
◆寒くなるのでお水を飲むように
をチェックするといいかなーってことでした。

私もすごくわかるんだけど、
闘病中ってどうしても「お肉ついてきたようなきがする」とか、
なんとかその子が「元気に近づいてる」目線で見たがっちゃうんだよね。
今だからわかるんだけど、ササの写真。
膿胸でドレーンで膿を抜いていた頃の写真を今見ると、
ああ、これで長く生きられないよ・・・っていうことがリカイできるような、
ほんとにヤセヤセの状態だった。
それでも当時は、お肉ついてるよ!そんなに痩せてないよ;_;って。
でもこれは、元気になってもらいたい心理フィルターだよね。
治してあげたい視線フィルターなんだ。
そう思う気持ちは悪いことじゃないと思う。
体重管理をすることは、目に見えてその状態を知らされることだから、
先が終わりに近づく場合はほんとにつらいと思うけど、
状態を把握するためには、とても大切な「目安」なんだよね。

毎日じゃなくてもこまめに、体重管理を取り入れていこうと思います。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。