2010年05月29日

ゆずの旅立ち

我が家の長老、23歳のゆずが昨夜旅立った。

050909a.jpg
ここ数日、うろうろしたり鳴いたりするのは、
いつもと変わらないようだったけど・・・
なんとなく顔つきが違って見えたのはやっぱり、このためだったのかな。
急に老けた?って感じがしたんだよね。

食欲もおちていたんだけど、それでも気が向けば食べていた。
お母さんがサイエンスダイエットのシニアの缶詰を買ってきて、
食べるかな?と差し出したら、もぐもぐしっかり食べてた。

その後、洗面所の修理をしていたお母さんと私の所にゆずが来たんだけど、

り:「見て見てお母さん、ゆずの顔𕾷」
母:「なに」
り:「ほら、缶詰だらけ𕾷」
(がつがつ食べたらしく、口も鼻も缶詰ついてる)
母:「笑ってないで拭いてやるんだよむかっ(怒り)

そんなやり取りが27日の夜、旅立つ前日のことだ。

さすがによぼよぼで、ホネと皮状態だったものの、
ゆっくり散歩をしたりごはんを食べたり、23歳という年齢にしたらすごいと思う。
ゆずのカラダ的にはもう限界で、毛も生えてこない部分が多くなっていたけど、
やっぱり「ごはんを自力で食べられる」っていうのが基本なんだろうね。
ゆずは今のカラダを目一杯、しっかりしっかり使い切って旅立った、
そんな気がする。続きを読む
posted by りゅう at 11:09| ◆お年寄り猫たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする