2010年12月28日

ハルオの尿検査

101228.jpg
現在猫屋敷で通院が続いているのは、シッコ系トラブルのハルのみ。
そのハルも、月に1~2回尿検査をしていたのだけど、
11月、12月はタイミングを逃して病院にいっていなかったりします。
というのも、ひっかかる所はあるけどその原因がわからないから薬中止してみようかなと。

ハルは保護した時はもう大人で、まぁエイズキャリアでしかもカイセン。
カイセンがかなり酷くて皮膚がぼろぼろだったけど、
塗り薬と飲み薬であっというまに改善されました。
(だから、カイセンを治そうの記事は2つ程度で終わっちゃったし)

で、そんなハルだから、来た頃にはもう尿道も肥大しちゃってたらしい。
なんとなく膀胱炎体質。
あ、急性尿毒症もやっているハル(オ)なので、
シッコ詰まりの恐ろしさは私達も十分わかってるけど☆

尿検査の結果でみると、
【ハルの尿検査 8/21】
グルコース:- たんぱく質:++ ビリルビン:- ウロビリノーゲン:-
pH:9.0 比重:1.042 潜血:++ ケトン体:- 脂肪滴:+

【ハルの尿検査 10/19】
グルコース:- たんぱく質:++++ ビリルビン:- ウロビリノーゲン:-
pH:9.0 比重:1.044 潜血:+ ケトン体:-

という、「なにこのタンパクの出!」な結果でした。いやpHもだけど。

少し前の血液検査だけど【ハルの血液検査 8/21】

WBC:9700 RBC:650 HGB:10 HCT:32 PLT:28
TP:9.7 ALB:2.3 BUN:20 Cre:1.9 CK:156

と、血小板が多少少ない程度。栄養状態や脱水をみるTPが少し多く出てる程度。続きを読む
posted by りゅう at 13:35| ◆ 膀胱炎・尿毒症・抜歯(ハル:FIV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月22日

世の中には

101222b.jpg

にゃんこらはダンボール箱大好き。
ちらっとドアを開けるとこんな感じ。

このダンボールの箱にはツメトギ用みたいに、
タテにダンボールがさらに詰めてある。
これがまた人気の理由なんだと思う。



でもね・・・続きを読む
posted by りゅう at 15:15| ◆大所帯猫屋敷あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月17日

一粒で

101217.jpg
きぬは大きくなりましたよるんるん

我が家に来てから5ヶ月。
ぱさぱさだった毛もすっかりツヤツヤぴかぴか(新しい)名前負けしてません。
ごはんももりもり食べるので、すっかり下腹に皮下脂肪がたっぷり・・・
まぁ、備蓄だと思えば・・・まぁいいや。

きぬは長いしっぽの三毛猫。
黒を抜いて茶&白になったら、フミ。
黒を抜いて茶&白になって羽模様でしっぽがしましまになったら、はね。
白を抜いて茶&黒のまだらになったら、コマ&たぬき。
黒と茶を抜いて真っ白になったら、ササ。
茶と白を抜いて真っ黒になったら、ゆず。
全色そろったら、再度きぬの完成。

一粒で7回おいしい猫。それがきぬきぬぴかぴか(新しい)

フミにしかできなかったワザ「とってこーい」を、きぬもできるようになった。
拾った時から賢い子だと思っていたけど、ホントに賢い。

天とケージ部屋のシロさんと一緒に、メイン在中はお母さんの部屋なのだけど、
ねずみ型のおもちゃが3つ位転がってる。
お母さんも部屋にいるときは鍛えるためにしょっちゅう投げてたそう。
きぬはきぬで「ねずみさん投げないの?」って感じに待ち構えてるし。
フミと同じく、どんな所に投げてもどうにか取って走って戻ってくる。

フミは体格が良かったので、あの姿で飛び回るとかなりダイナミックだった。
きぬはまだ生後半年過ぎ位だし、女の子なのでフミより動きがやわらかい。
ねずみさんおもちゃを持って帰ってきて、
「かしこいなーきぬはかしこいなーぴかぴか(新しい)」ってほめられると、
うれしさ全開でまた投げるのを待ち構える。

前みたいにお母さん部屋と大猫部屋が一続きになると、
投げる距離も増えてもっと楽しそうなんだけどなー。
きぬと遊びつつ、フミともまた遊んでいるような気持ちになれて、うれしい。

お別れをしても、こうやってまた「やりなおし」ができるのって、
やっぱりうれしいな。

blogの設定いろいろ見てたら・・・スタイルシート消しちゃった𕾼;
blogタイトルの画像とかどこだよー覚えてないよーなんだよーもういいよお花見で;
posted by りゅう at 10:59| ◆猫屋敷の子猫時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月16日

小さな太陽

最近ウツなんじゃないかな?って感じが続いていた。
もともとシンケイシツな部分はあったけど、時々それが暴走するんだよね。
何か効果あるかなぁとアロマのオイルも買ったんだけど、
にゃんこにはEOは良くないって昔から言われてるし、
(検索したらがんばる猫さんとかGaviちゃんのとこが出たかわいい
私が今これ!っていう香りはみんな見事に柑橘系だし。
ナノイーのスチーマーの時だけEO使って、あとはお仕事先でアロマテラピー。
それでも心配事が山のようにあると、
結局どんどん自分で考えてげっそりして、涙ぽろで眠りにつく日々でした。

そんな時。
101216.jpg
お布団の右にはまる。
足元の方にはうり。
デコのあたりにキリのおしり。

キリの背中というかおしりにデコをくっつけていたら、心音が伝わってきた。

ヒトの心音よりはるかに速い、どこどこどこどこ。って音。
この音を聞くと、私の頭には小さな太陽が浮かぶんだよね。
晴れなカタチでくるくる回りながら、この音を出してるの。

この小さな太陽、イメージしたのいつだったっけ?

小さな太陽が回り続けるように、種火に息を吹きかけて勢いを戻すように、
私の命がその小さな太陽に分け与えられるようにと、
そう祈りながら心音を聞いていた。
小さいけれど、力強くて暖かい太陽の音だった。

或る日、その小さな太陽は静かに消えていってしまったけれど。

メイの小さな太陽も、ササの小さな太陽も、
祈り届かずみんな消えていってしまったけど、
ここにはたくさんの太陽が、あの時と同じように回ってるんだね。
その小さな太陽が、今も私のことを支えて暖めてくれるんだね。

071113a.JPG
昨日、ヒサビサにササが夢に出てきた。
熱とめまいでひどい状態だったので、どんな夢だったのかもう覚えてないけど、
そっか、ササ達の小さな太陽は消えたわけじゃなくて、
違う所でまた回ってるのかもしれないなぁ。

ああ、そうだ。
Kilaraさんがフミの時、
飛行機雲は消えても、違うどこかでちゃんと飛行機は飛んでいるよって。
見えないけどちゃんと飛行機は存在してるって言ってくれたね。
小さな太陽も同じだよね。

みんなまだ私のことを覚えててくれるだろうか?
私が死んだとき、はねもみんなも私を迎えにきてくれるんだろうか?
怒ってないかな。覚えててくれるかな。どうだろうね。
そんなことを考えてまた少し悲しく涙ぽろになるんだけど、
今ここにある小さな太陽たちが元気づけてくれる。ような気がする。


ヒサビサに自分のblogを見たけど今「多頭飼い・白血病」の検索が多いのかな。
どうしたんだろう。
1匹だけ白血病キャリアってわかったとかで心配なのかな・・・
発病しちゃったとかで心配なのかな・・・

白血病単体キャリアの空は、今でも猫の大部屋で元気です。
猫エイズ単体キャリアのハル(オ)もニーナも、
陰性確定しているなるも、みんなみんな元気で5歳以上になりました。

うちが大丈夫だからって、他の子に感染しないとは言い切れませんが、
でも、自分だったらどうするか。
私だったら、みんなと一緒に生活したい。楽しくみんなと一緒に最期までいたい。
そういうのが、隔離するか一緒に生活するかの選び目かなって思っています。

キャリアがわかったからって、発病したからって、
必要以上に怖がらないで、できることを1つずつ、がんばっていってください。
posted by りゅう at 21:19| ◆思うコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする