2011年05月31日

キャリアと多頭生活

休止する前にきていたご質問について。
やっぱり、うちはこの通りの猫屋敷だからこの質問が多かった。

「猫エイズ(猫白血病)の子がいても多頭生活ができますか?」

このblogでも何回も言ってきたけど、
いざ自分のにゃんこに降りかかると、不安でいっぱいになるヒトも多いでしょうね。
060207.jpg
最初に空の血液検査で「FeLV陽性」って目の前に結果が出た時、
その事実に私は貧血を起こすくらい衝撃を受けたもんね。

これからどうしたらいいんだろう?
発病しちゃうんだろうか?
隔離した方がいいんだろうか?

ぐるぐるぐるぐる考えて考えて。
出した答えが現在のこの状態。

<大猫部屋にいるにゃんこ>
・猫エイズキャリア:ハル、ニイナ
・FeLVキャリア:空
・陰性:なる、くり
・未検査:華、もどき、ちゃっぴー
<1Fの和室メイン>
・陰性:天
・未検査:きぬ、シロさん
<2Fりゅう部屋>
・陰性:キリ
・未検査:うり、まる

何の区別も隔離もなく、相性で分けただけの、団体生活です。

旅立っていった猫も含めたら、
・メイ:猫エイズ+FeLV
・ササ:猫エイズ+FeLV
・フミ:猫エイズ+FeLV
・はね:猫エイズ+FeLV
・コマ:陰性
・ゆず:陰性(ちなみに最長老23才没)
・ハク:FeLV
などなど、よりどりみどり。

我が家の結果だけでみると、その子が元で感染したかどうかなんてわからない位。
キリはメイに始まって、フミ、ササ、はねと一緒に生活してきたけど、
ゆずは長老なので、1Fにメイやササ達全員がいた頃から一緒に生活してきたけど、
陰性のまま。
お皿は食べ終わったら洗うという位で、特別なにか気をつけているわけでもない。

だからって、一緒でも100%感染しないということはないよ?
お医者さんだって、聞かれてもこれは答えられません。
それは、感染するかしないか、はっきりわからないからです。
だから「100%感染するともしないとも言えないから、リスクを考えるなら隔離」
というお医者さんが多いのだと思います。

発病しますか?って聞かれたって、私にはわかりません。
どうしたら発病しないで生きられますか?も、私にはわかりません。
それは私が聞きたい位だなー。
悩むヒトに私がアドバイスできるとしたら、
言いたいのは「自分だったらどうしたいか」程度です。続きを読む
posted by りゅう at 23:51| ◆思うコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする