2018年01月27日

埋葬→初めての火葬に

たぶん目の前に姿がないから、現実逃避ができるんだと思う。
自分をごまかそうと思えば、なんとかできる。

でも、灰色カワウソがテーブルやいすの脚に頭をこすり…こすり…
ってする姿を思い出すと、
大声でわめきたくなる。壁に頭をぶつけたくなる。

でも、そんなことをしても天が生き返るわけでもないので、
心をぎゅっと固く閉じ込める。

天の埋葬は妹がお休みの日、少し先の1/29かなぁと言っていた。
今までのみんなと同じように、庭にお墓を作るのだと思っていたら、
母が今回からは移動火葬をお願いしようと思う、妹ともそう話した、
と電話で言われた。
雪が降ったりちらついたり、地面も凍っちゃってるから…って。
でもハクも1/22で同じ頃だったよね?あの時もお天気ビミョウで。
あ、
数年前と思っていたら、同じ時期に埋葬したハクってもう10年前なんだ。
ハク、ササ、はねって、あの怒涛のような闘病から10年も経つんだ。
なんか隠居状態だから、
私が西の地に来てすでに5年も経つことに今更気づいたような。

ゆくゆくは実家を建て直すかもしれないし、
誰も住まなくなった後とか、
みんなのホネがそのままになってるのもイヤだなと思っていたこともあって、
火葬して骨壺を家に置いておくのは、確かにいいかもしれない。
それならササとか今までの子もそうしたかったな・・・
でも、歴代の猫骨壺を考えたら…それはそれでちょっとすごいことに。
骨壺部屋ができてしまう。続きを読む


posted by りゅう at 17:44| Comment(0) | ◆旅立ちを見送ったあと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。