2013年04月14日

引越し鬱とか

西の地に来たといっても、とりあえず相手の部屋に転がりこんだだけなので、
本格的な引越はこれからです。

3月は学生&社会人で物件探しが慌しいと思って、
4月中に引越しする予定で過ごしてきたんだけど…
希望の物件探しって大変なのねあせあせ(飛び散る汗)
ネットに掲載されている物件をいくつか選んでから不動産に行ったんだけど、

全部埋まってるんだよ・・・がく〜(落胆した顔)

4月第1週で家を決定する人々も多いらしく、6・7日の週末で埋まったとこも。
私は初めての不動産なので、ほーと思うことばかり。
他社が取扱っている物件でも、こちらで探せますよ、って。
それならさっさとどこか不動産に行って、直接あれこれ見ればよかったバッド(下向き矢印)
希望する物件みんなはずれて、残っていそうな所も埋まってて。
「え、これほんとに引越できるのかな?たらーっ(汗)」な焦りが出てきます。
あちこち電話をかけてくれるけど、希望条件でだめなとこも多い。

でもまぁ1日で&不動産1件で、
区は隣になるけど内装を全改装するキレイなお部屋にブジ決まりました。
よく不動産めぐりっていうから何軒か行くのかと思ったけど、違うのね。

決まったのはいいんだけどね。
その翌日から、なんかモヤモヤに取り憑かれた私。

130410_1103~01.jpg
「がんばるデシ」ってうーたんからメールきたよ。予算をもっと低く言っていたら、もっと安い物件で決まったのかなバッド(下向き矢印)
隣の区になるんだったら、最初から自分でもネット検索したかったなバッド(下向き矢印)
ショッピングモールにすぐ行けなくなっちゃうバッド(下向き矢印)
実家から帰って来た時、京都駅から新居が遠くない?バッド(下向き矢印)

自分でも何でこんなに気になるんだろう??って思うんだけど、
考えが止まらないの。次々に不安が出てくる。

・予算ギリギリだけど、
 もっと予算下にしてたらそこ(新居)に引っかからなかったかもしれないよ?
・通勤距離はそんなに変わらないよ?
・火曜市いかなくても、近くのスーパーがあるよ。
・そんなにしょっちゅう実家に帰るわけじゃないから、たまにでしょ?

そんな感じに返事をしてくれるんだけどね、自分の中の不安が消えない。
自分でどんどん不安を探してる状態だね、ってだんなさんに言われました。
今考えなくていいことまで考えてるから、疲れちゃうんだよって。

でもね、猫の病気では先手必勝であれこれ考えを巡らせるのが大切なんだよ。


なんかね、調べてみたら「引越し鬱」っていうのがあるんだって。

ただでさえ猫屋敷が離れがたい・・・でも西の地に住む。

大通り交差するエリア。にぎやかな通りでうるさいのに慣れた。
そのエリアでの生活・お買い物ペースに慣れた。

慣れたと思ったら全く正反対の、山のそば静かな住宅地。
スーパーちょっと遠い。お買い物ペースわかんない。
バイト件数も今のとこよりはるかに少ない。
自力で旅費稼ぎたいけどバイト見つけられるかわかんない。

そんな状況についていけなくて、
でもそんな(上記のような)ことでじたばた騒ぐ自分もばかみたくて。
他にイイトコあったかもしれない、でももう契約しちゃったし・・・
というのがうずまいてたんだね。

実際は、今いる所から電車で乗り継ぎ4駅離れるんだけど、
電車に乗る時間はプラス10分だけ・・・たらーっ(汗)
区が変わるって言うのも、川のあっちとこっちで違うだけ。
○○神社とかから遠くなっちゃう、って言ってもそんな毎日行くわけじゃないし、
(第一、今までそんなに通ってるわけじゃないし)
電車10分離れるだけなんだから行こうと思えば余裕なんだよ。
今いるエリアが何でも揃いすぎてただけ。
130212_1149~01.jpg
「QPだって隣の市から来たのに、まま落ち込みすぎ」

引越し欝の掲示板の記事を読んでいたら、
トピ主さんの状態が酷すぎて、逆に私が前向きになれた。

引越+退職したのでわけわからない諸手続き+転出転入+扶養とか保険とか
+また引越で銀行カンケイとか諸手続き。
わけわからないこと一度にくると、さすがに精神的にまいるかも。

猫は家につくってよく言われるけど、
にゃんこ達は引越の時どうなんだろう?
なんか、勝手に猫と同じなのかなぁと思って、またちょっと笑って元気でた。

私は猫屋敷が大好き。妹もお母さんも。
いつまで経っても家離れできないね。でもほんとに大切なんだ。こっちもあっちも。

私の希望(私の精神状態からだんなさんも必要と思った項目)OKで、
広くて新しいキッチン、お風呂、少し狭いけど日当たりのよい南西向き。
古い設備のお部屋でも仕方ないかな・・・だったのに、
思いがけずキレイな部屋を紹介してもらったんだから、
しかもそこが希望項目OKになったのは、
オーナーが変わった今年の2月からなんだから、これも縁だよね。
縁をもらって見つかった家、住み心地よくできるといいなぁ。

と思えるようになったのは、家を決めて5日後。昨日。
子供みたいな自分に呆れた・・・

猫の病気の治療と同じ。
「自分で勝手に不安を育てないこと。その時その時に合わせての治療があるよかわいい

いつも自分自身に、みんなに、そう言ってたのにね。
私の人生って、どこまで行っても猫の闘病から学ぶことが多いよ。
posted by りゅう at 13:11| ◆思うコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする