2013年05月14日

準備期間なのかな

少し前から手配していたもの。
130514_1505~01.jpg
ちょっとずつ届いてるよ𕾔

西の地に来た時は、ここでは猫と暮らさないと思っていたんだよね。
でも専業主婦状態になった場合の、私の精神状態を心配しただんなさんが、
猫OKの所に住もう。
って事で、希望条件が「ペット可(猫OK)」の物件となりました。
小型犬1匹想定が多い中、やっと発掘した&キレイな家に引越しも終わり、
猫生活に必要なものを少しずつ揃えながらの猫探し旅が始まります。

引越し前にこの子と暮らしたいなぁっていう子がいたんだけど、
私は条件をクリアしていない部分があったので、残念ながらご縁をあきらめた。
その子の応募が全くないわけじゃない、ってわかったから、少し安心できたよ𕾨

実家のお母さんからは、
「1匹にしとくんだよ」「店で買うんじゃないよ」と言われていたし、
センターに行くのは辛すぎてムリなので、よく聞く里親掲示板で探すことにしました。でもね、先週探し始めた頃、
里子にでる猫たちの募集背景を読んで、私は激怒したり、大泣きしたり大変だった。
転勤命令でペット不可の社宅に・・・とかアレルギーが急に出た、とかはわかるよ。
うつになってマンションの窓から放り出したとか、
山積みのキャリーケースの中で生活していた子とか。
多頭飼育崩壊っていうけど、飼育じゃないから、それパンチただの虐待だから爆弾
不妊手術が可哀相っていう意見も聞くけど・・・
その「可哀相」が元で増えすぎてトイレもごはん皿もなく、折に閉じ込められてる猫達。
それを知っても、手術は可哀相・・・で終われるのかな・・・
ニーコみたいに体質で手術できない子はもちろんいるけど。

私は保護猫にすぐ情が移って手放せないから、みんなうちの猫にしたけど、
私達家族がちゃんとお世話できる数、っていうのはある程度心に決めていたよ。
抗がん剤の治療とか続いてもごはんは譲れなかったし、
猫友達みんなにすごく助けてもらえたからの18匹。
実家を離れることになったから、今いる子以上はうちの子にしない、って決めて。
(でもまぁ、ササとか天みたい子がいたら家に入れちゃうけどね。ちったいたんとかたらーっ(汗)

今も里親募集のいろんなサイトを見ています。
3回応募したけど、最終選考まで残ったそうだけど不合格だったり。連絡なかったり。
まるで就職活動のような感じ(就活したの1回だけど)がしてきた𕾵

里親募集も、何かむずかしいね。
ケイタイのみは不可とか、持ち家じゃないとだめ、っていう条件もあって、
なかなか応募できなかったり。

私信用されないのかなとか落ち込んだけど、
でも、それは里子にもらった猫に酷い事をするヒトがいるからなんだよね。
せっかく助けた猫たちを、そんな酷いヤツに渡せるわけがなく、
相手が見えないネットだから、条件が細かくなるし、見極めも大変なんだよね。
私は家に来た猫たちを手放せなかった。
助けるのは家の周りの子だけ、って制約した。
でも、レスキューしている人たちはずっとずっと活動を続けていて、
みんな自分の手元に置いておきたくても、お世話したくてもそれがムリなんだよ。
幸せになってほしいって送り出すから、厳しくなるんだよね。

それはわかるんだけど、でもこちらだけあれこれ個人情報伝えて向こうはないとか…
もらう立場ってこんなものなの???
大切にして一緒に暮らすって、その募集元の決まり通りにしかないの???
私が今まで生きてきた道は???

不合格は続いてしまったけど、
これ、買ったほうが早いんじゃないかとがっくりしたりもするけど、
今は準備期間なのかも・・・と思って焦らないでいよう。かな。
でもちょっと団体さんの強い口調は、私にはだめかも・・・バッド(下向き矢印)


夜、だんなさんの実家の猫、プチちゃんが亡くなったと連絡があった。
18才とのこと。お正月に会ったのが最期になってしまったね。
まだまだ元気そうだったのに・・・
今日はフミの命日。KIWIちゃんの命日。そしてうーたんが来た日。
posted by りゅう at 17:17| ◆思うコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする