2013年05月08日

空の耳のケガ

ニーコの埋葬も終わり、ぼんやりしていたある日。
体調不良の妹から、自分より空をどうにかしたい、とメールが届いた。
130505_1344~01.jpg
↑お空がどうかしたのか??

「母が掃除してもすぐ汚れるし、膿が出てる。触ると嫌がる」

そんな説明をされて、何がどうなっているのかサッパリ謎な私。
空は白血病キャリアなので、
もしかしてニーコと同じく歯周炎とかの膿なのか…とちょっと血の気が引いた。
どこから膿が出たの?ニーコと同じなの?って問い返しても、
妹:「どこなのかはわからないけど、母が言うには膿が垂れてたって」

ますます、ニーコの歯茎の膿とだぶっていやな予感がする。
どこから膿が出てどうなってるのか、聞いただけじゃマッタクわからない。

3回目の丁寧な問い返しに、やっと「あれ?右耳って言わなかったっけ?」

肝心な単語が抜けてるんだけどたらーっ(汗)

とりあえず、
例の如くメールだけではイメージ不可能なので、翌朝写真を送ってもらいました。
遠距離でのにゃんこ報告って、想像力豊かじゃないとダメだなぁ・・・バッド(下向き矢印)

SH3E0088.jpg
昔、犬君に塗っていた薬をつけたから黄色なのかなーと思ったら、
これが膿の色らしい。
耳が汚れてるっていうから、中耳炎とかで膿が垂れてきてるのかと思ってたけど…
これは耳の外側じゃないのかな?

カナの咬傷のように、
化膿してポケット状の穴が開いて膿が出たのかと見てもらったけど、
それらしき穴もないみたい。
うーん・・・やっぱり自分で点検しないとコザッパリわからないわ。
膿が垂れてくるのが耳の中なら、中耳炎だと治すのが大変だし手術になったりするので、
なるべく早めに病院に連れて行くしかないかな。

ニーコのあごの膿が破裂した後、
「ニーコ、ケージとか別の部屋に移したほうがいいのかな・・・」って妹に相談された。
大猫部屋にはFeLVキャリアの空がいたから、
ニーコの膿か何かが空のウィルスに影響を与えてしまったらどうしようって、
妹も不安になったんだと思う。

でも、痩せてしまったニーコに寄り添って暖めてくれているみんなと、
ニーコを離すことが私達にはできなかったんだよね。
フミの時にりゅう部屋に分けてしまったことで、
ササがずっと寂しかったことを目の当たりにしたから。

むずかしいよね。
でも、やっぱり私だったらみんなと一緒にいたい。
みんなと一緒にいれば、やがて来るお別れの時も、安心できると思うんだ。
安心っていうか・・・怖いけど、みんながついててくれる、っていう心強さかな。
お別れまでの限りある時間を、私はみんなと一緒に過ごしていたい。

別々にしなくていいと思うよ。
一緒にいることでパワーをもらってると思うよ。
そう答えると、妹も少し安心したように「そうだよね、一緒がいいよね」そう言った。


お空って、メイが死んでしまった時はカーテンレールから落ちて鼻血を出し、
ニーコが死んでしまった時は、膿を垂らし。
心配させてショックを和らげる、新しいショック療法なんだろうか𕾢

2011年01月04日

まるのくしゃみ

110104a.jpgうりとまる
今朝ふとんの中でおめざめ中の私の耳に、連発くしゃみが聞こえた。
誰だろう?と思ったら、まる。
特にハナミズが出ているわけでもなかったのだけど、
副鼻腔炎とかで鼻の中がむずむずしてるのを吹っ飛ばそうとする時みたいに、
「くしゅっ!!くしゅっどんっ(衝撃)
絶え間ないくしゃみといってもいい位。

おふとんの中あったかいよ?って引き込むと、
温まるとくしゃみもおさまるんだけど、もぞもぞ外に出るとまたくしゃみ。
なんだろう・・・まるも病院連れて行ったほうがいいかなぁ。

と、朝は栄養豊富そうな旧エレガンスを用意した所。
ごはんを食べ終わったらくしゃみは止まりました。
ナゼ𕾮
昨日の夜ごはんが早かったから、空腹で体温下がったの??

まるの体は思ってるより肉がナイ。
大人猫をうち猫にして困るのがこれ。年齢がわからないこと。
子猫だったら0才がほとんどなんだけど、
ハル、シロ、ちゃっぴー、もどき、まるの5匹は、
年齢がはっきりわからないんだよねたらーっ(汗)

10才になるキリと同じ位かなぁと思っていたんだけど、
肉付きをみると、まるの方が年齢↑な感じ。
まぁ、ずっとほぼ外猫のような飼い方されてたまるだから、
若くてもそういう体格になっちゃったのかもしれないけどね。
手も、ゆず達を思い浮かべる位、なんか細かった。

食べて吐いたりしないから、消化器能力はそんなに衰えてないと思う。
でも、もっと栄養を吸収しやすいようにしたいなぁ。
まるも体内の状態を見るために、血液検査をした方がいいかも。

110103a.jpg
ハルは先日記事を書いた後、やっぱり気になって年末最後に検査に行った。
私はお休みじゃなかったので、妹に行ってもらったんだけど・・・

血液検査と尿検査両方やるつもりでお金渡したのに、血液検査いうの忘れた𕾵
とりあえず、まだたんぱく尿+++で、pHは8.0。
処方食onlyじゃないのに、ちょびっと下がった。
しかも、病院でステロイドとかコンベニア注とかしたわけじゃないのに、
急に前日よりイキイキとハキハキとしだしたハル。

なぞだ・・・。

ハルは平常の尿比重だけど、
BUNと尿比重で計算して腎臓のダメージ考えるらしいとどこかのサイトにあったし、
近いうちにちゃんと血液検査しよっと。

ひらめきお年寄り猫のこととか聞かれたので、
過去の「雑記」にあったものをそれぞれのカテゴリーに編集しなおしてみたよ!
耳血腫とかケガは記事が単発なので、カテゴリーにする程じゃないから、
そういうのはざっくりまとめたんだけど、どうかな?前より見やすくなったかな?

2009年10月24日

うりの副鼻腔炎

コメントの質問にもあったので、今回は我が家の「猫カゼ」のこと。

保護する猫はたいてい、猫カゼにかかってる。
保護されてほっと気がゆるむのか、
少し立つとカゼの症状がよく出るような気がするんだよね。
空もそうだったし、今年のうりもそう。

アズミラビタミンを缶詰に混ぜて食べさせるようにしてから、
うりのハナミズはおさまり調子よくなったと思ったのだけど・・・
涼しさを増して「寒さ」を感じるようになった頃から、またぐずぐずハナミズ復活。
膿性のハナミズなので、鼻づまりをしては、くしゃみとともに吹っ飛ばすという・・・
それを繰り返して慢性の副鼻腔炎、慢性の鼻炎になるわけだけど。

ウィルス性の病気はなかなかウィルス全滅とはならないので、
治療というか、めざすところは「免疫力の向上による体調の改善」かな。
要は、栄養を補給して体の調子をあげよう!ということ。

リンパ腫でも猫カゼでも、私が考えてる基本ラインはかわりません。

食べたいもの(でもできるだけ質が良いとされるものね)を食べよう!
その上で、足りない栄養素を補ってみよう!

昔の私は、サプリが病気を改善してくれると強く思っていたんだけど。
それはそれで、間違いではないんだけどね、
ニンナナンナさんや病院の先生に言われた「まず食事が大切」を忘れないでほしいと思う。
サプリはあくまでも「補助」
ちゃんとごはんで栄養をとらないと、そのパワーを十分に発揮することができないものです。
闘病をしていると、たくさんのことを考えすぎてしまって、
そしてなによりも、本当に本当に治してあげたい一心で、
考えが逆になっちゃうことあるんだよね。
サプリで元気になれば、ごはんをもっとたべられるようになるはず、って。
私が、そうだった。

そんなわけで、まずは食べられるものを食べて体力の維持を。
実際、副鼻腔炎の空は、洗浄をしたわけでも長期治療をしたわけでもないけど、
いつのまにかハナミズ飛ばすのおさまってる。
保護当時はよく、血のついたハナミズをくしゃみとともに出してたんだけどね。
ずーずー言うのも治ってる。
その分?ハラは垂れてるし体格もいいけど!
ちなみに空は、エイズはないけど猫白血病キャリアです。

治療についてはいろいろだけど、
今回の「うり」は、コンベニア注(抗生剤注射)を10/23に打ってきました。
(うりは検査をしていないのでキャリアかどうかわからないです)
アズミラのビタミンを欲張って混ぜすぎたせいか、カゼが酷くなったせいか、
3日前に1回だけひどい軟便になったので、ちゃんと診察してもらわないと、と。
いくら体に良いものでも、うっかりあげすぎは良くないよね・・・

院長先生とまた話したけど、鼻に管をいれて洗浄するのは、
一時的には鼻づまり解消されるけど、慢性の子はまた詰まるからねって。
それよりも、2週間安定して効くこの注射の方が、効果が見えているそうです。
飲み薬だと、その日の薬を飲ませる時間によって、体内の薬の成分が均一で保たれないけど、
注射なら一定の濃さで薬効が存在してるわけだから、ボスの私もラク。
飲み薬をいやがる子なんかにもいいんじゃないかなって思います。

このコンベニア注で2週間様子をみて(飲み薬はナシ)、もう1回打つか大丈夫か決めます。

あと、点鼻薬を通常出されるんだけど、くしゃみをする子ってなみだ目にもなるよね。
うりもごはんを食べた後とか、結構なみだ目になってるので目薬ももらおうと先生に言うと、
点鼻薬と目薬両方使うのではなくて、
目と鼻はつながってるから、目薬すれば鼻にも薬が通るよ、との事。
今回のうりは、コンベニア注とこの目薬のみで2週間様子を見ます。

猫カゼは、カゼといってもウィルス性のなかなか完治が難しい病気なので、
基本的な免疫力up作戦が、長い目で見るといちばんいいのかなぁって思います。

といいつつ、最近はそんなに特別なことはしてないけど。

◆うり(体重3kg)の場合◆
■皮下注射 ¥1,050
■薬価(抗生物質14日間有効)体重1kgあたり ¥1,560
■点眼液 ¥1,570

2009年03月21日

キリのストレス

2Fのりゅう部屋には現在、キリとまるの2匹が生活している。
雰囲気がなんとなく似ている2匹だけど、お互いに威嚇したり関係はまだ微妙。
それでも時々、ベッドの上で近くに丸くなって寝ている姿を見ると、
「やっぱり、一緒にいるのっていいでしょう?」と小声で言ってみたり。
家のなかでなかなか落ち着かなかったまるも、
最近は自分の居場所は2Fだと思っているようで、
1Fにごはんを食べに降りても、ごはんが終わると「2Fかえります」とそわそわ。
今ではだーっと階段をおり、ごはん皿をもって2Fに戻って食べるようになった。
4ヶ月位経って、少しずつ慣れてきたかな?

でも、キリにとってはまだまだストレスが多いのかもしれない。
近頃トイレ以外の場所でシッコをするようになった。
トイレでもするんだけど、朝ごはんの前とか、ある床の部分でシッコをする。
最初は怒ってたけど、もういいやとそこにシーツを敷くようにしてみた。
ちゃんとトイレの中でした時に、「きっか(キリ)はちゃんとトイレでできたの」
とほめると、やればできるんだというような表情なんだけどね・・・

気になる異変は嘔吐と黒い便。
おととい、缶詰ごはんを食べてはすぐに吐くっていうのを丸1日していて。
吐いた後にキャットタワーに上ったのを追いかけて覗き込むと、
シャーッと今までと違う様子で私を威嚇してきた。
でも、目はおどおど。
栗の反応と同じ、怒られる;ってびくびくしてする威嚇だ。
「きっか、怒ってないよ」そういって手を差し出して、しばらく。
やっと落ち着いて降りてきたキリが、トイレで出したのが黒い便。

げ!続きを読む

2008年12月03日

ツメの切断手術

081204.jpg
ハル・コマを迎えに行く時に、足を怪我したなるも連れて行った。
ツメがむき出しみたいな感じになって、出し入れできない。
院長先生は、そのなるの足のきずを見た途端、
「この子は我慢強いねー」と感心したようにつぶやいた。
これ、ツメが抜けちゃってるよ。

私はツメのケガとかに弱くて、ハナシを聞いてるだけでも血の気が引く。
実際、なるのその傷を改めて見て、貧血状態を起こした。
くらくらするけど、でもハナシ聞かなくちゃ。

これは、ひっかけたんだね、と先生。
気をつけようにも、
棚から落ちて引っかけちゃうことには、注意しようがないからとなぐさめてくれたけど。
どうしてこんなことになってしまったんだろう;。
ふらふらしながらもなるの傷をみると、傷のところに小さな黒いきず。
これ、なんですか?
「これ、ツメの根元なんだよ。骨もちょっと見えちゃってるね」
ああ、血の気が引く。
081203.jpg
なるはツメの根元が切れて抜けてしまったような感じ。
フツウなら大騒ぎするんだけど、
それをしないのはなるが我慢強いのと、
もう神経が切れてツメが死んでしまってるからだって。
昨日、お母さんがツメが抜けちゃうって言ってたの、これだったんだ。
私はそこまでよく見えてなかった。
見てたはずなんだけど、状態が理解できないって言うか。

切断されちゃってるけど、自然治癒を期待してこのままにするか、
ツメを切除する手術をするか。

アメリカとかでは、家具に傷をつけないように動物のツメを取る手術するヒトもいるんだって。
ネットで反論あったの、どこかでみたなぁ。
私は反対だけど、その是非はここでは問題にしないのであしからず。

この傷をみれば、自然治癒がなんたら言ってるより、
たぶんもうダメだからすっぱり切除しちゃったほうがいいと判断した。
ゆっくり治癒を待ってて、その間にカノウしたりなにかあったら、余計イタい。
院長先生も、
なるは我慢強い子だから、局部マスイだけでばちんとやらせてくれるだろうから、
すぐに縫って帰宅できるよ、と。
その言葉にはげまされて、切除手術をお願いした。

途中で何回かなるの泣き声が聞こえたけど、
後から聞いたら、あおむけにされるのがイヤだったんですって。
切除するときは全然(マスイしてるけど)暴れなかったですよとのコト。

家に帰ってから、抗生剤を毎日飲ませる。
足の包帯を毎日まきかえる。
この作業がハルのゆえきと一緒につづくね、しばらく。

うちの猫は、ほんとに我慢強いね、と妹と話した。
我慢することを覚えさせてるんじゃないか、何か強いてるものがあるのかな。
そう、ちょっと不安になったけど・・・
どの子もみんな、がんばりすぎるくらいがんばってくれて。
そんなにがんばらなくてもいいんだよ。
イタかったら、ぎゃーぎゃー言ってくれていいんだよ、とそっと言ってみた。

081205.jpg
切除したなるの、死んでしまったツメの部分をもらって帰ってきた。
ごめんね、なる。
気をつけようがないかもしれないけど、
みんながケガをしないように、なるべく身の回りをコザッパリするからね。

直しても直しても、なんかすごく文字化けするんだけど、なんだこれ。