2011年01月01日

☆あけまして☆

𕾥あけましておめでとうございます𕾥
110101b.jpg
時々忘れるんだけど、天はツメの出し入れが自分でできないから、
(神経が復活した指は、ちゃんとツメも出せるんだけど)
おトイレの砂かきしたりいろんなとこ走り回って、手が汚れる事がある。
あ、なんかお手手クサ・・・と思って、新年のツメみがきぴかぴか(新しい)
110101c.jpg
ほーらキレイになったぴかぴか(新しい)もうクサくないぞ!
灰色カワウソのカラダの割には、細い腕なんだけどね。
自由に動かない両手でも、天は高いとこにも飛び上がるダッシュ(走り出すさま)よじのぼるダッシュ(走り出すさま)
大きな猫(主にハル(オ)とシロさん)にはケンカを吹っかけるパンチ
灰色の巨体を支えてくれる、とても大切な大切なお手手ですかわいい

2010年は大きな闘病はなかったけど、過ぎ去るのが何だか早かったなぁ。
今年は平穏無事、無病息災でぴょんぴょん楽しく跳ねる年にしたいですねかわいい
闘病中のにゃんこも元気なみんなも、
キラキラした幸せな時間をたくさん過ごせる年でありますようにぴかぴか(新しい)

blogを更新すると、
その対象の子がなんか体調悪くなって闘病に入るのでは・・・
と、何か気構えてしまっていたけど、
そんな風に思っていること事態が、良くないものを引きつけてるんだよね。
大丈夫、大丈夫。
きっと何か起こっても、対処してがんばれるはず。

そんなわけで、今年はもうちょっと更新したいと思いますので、
よろしくお願いいたします☆

110101a.jpg
先日お2人から頂いたチーズケーキ喫茶店(チーズケーキ大好き揺れるハート
これほんとにほんとに甘すぎなくておいしい。
おせち料理の後のデザートに今日もまたいただきましたるんるん
nmpさんには「あげ潮」という、まるでおせんべいのような名前のクッキーも頂ました☆
これ、素朴な感じがまたよくてぱくぱく一気に食べられます。
実は大きい袋2つもらったのに、あっという間に食べ切ってたり喫茶店

2007年11月03日

かたまり→カワウソ

早いもので灰色のちいさなかたまりが、灰色カワウソに変貌して2年。
大きくなったね、天☆
1才の誕生日の記事を書いたのが、つい先日のよう。
とけたようにヘンになっていた麻痺してる親指のツメも、
汚れた感じの色だけど、ちゃんと少しずつ伸びてきている。
ちびっこギャングの異名に違わず、
オモテ向きは天真爛漫なのに、影では暴れん坊なのは・・・困るけど。
(さっきも、そーっと近寄って、はねの毛をむしってた。怒った)

大きくなったなぁ。

・・・って、大きくなるよ。チーム・モッタイナイの一員だもんたらーっ(汗)
070917b.JPG
もうコデブなんだから、ダイエットだよ!シェイプupだよ!
もっと大デブになるつもりか?栗みたいになっちゃうよ?
070627.JPG
”こざるちゃんは10kgでかわいいって言ってたのに・・・”

天にゃくんのそのお手手は、10kg支えられないでしょ?
せっかく階段を駆け上れるようになったんだからね。
太るなら、その前にちゃんとウデの力をつけてからにしなさい・・・
・・・でも、空もこのまえ病院3の先生に、肥満ですねって言われたっけ・・・
天。
やっぱり太っちゃだめ。シェイプupしなさい☆
これ以上お手手や肩に負担かけたら、歩くの大変になっちゃうよ。

1年前の天は、両手のギプスも取れてのしのし歩き回る力を得た。
2年目の天は、階段を上れるようになっている。
両手が麻痺してた天が。
「あの高い所には何があるんだろう?行ってみたいなー」
できないことがあっても、天は気にしない。
ヒトをうらやむ風でもない。
でも、うらやむんじゃなくて、高いとこ行きたいな!ってキラキラした思いがあって。
よじ。よじ。と、1段1段のぼっていた階段も、
今では猛スピードで駆け上がれるまでになってる。

すごいね。
1段1段、よじのぼって来る天もすごいなぁ!って思っていたけど。
シェイプupを狙った運動なのか?純粋に階段のぼりが楽しいのか?
天を見てると、どんなことでも望めば、そこに近づける☆
気負わないでそんな風に考えることができる。
気負わないところが、天のすごいトコロ。
すべて思うがままにはならないけど、別にいいじゃん。
051213.jpg
天がしがみついていた大きな背中は、今はこの世にはいないけど。
きっと、ササや天を支えてくれてるね。
いつだって、形を変えて、みんなが力になってくれる。
天が来た日。天の誕生日は、いつも私に大きな力を与えてくれる、大切な日。
たんじょうび、おめでとうかわいい
posted by りゅう at 00:00| ◆天の麻痺(両手のリハビリ:陰性) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月10日

リハビリ遊び

ストルバイト対策で、処方食生活がはじまった天。
ごはん大好きだから、処方食のカリカリでももちろん文句ナシだけど、
処方食で状態が落ち着いたら、
ビタミンやタヒボ茶で改善していけたらいいなーと思ってる。
結晶だけじゃなくて、検査の結果、細菌も結構みられたらしいので、
抗生剤も飲んでます。処方食は今はc/d。

りゅう部屋は結構居心地がいいらしいかわいい
天は最近、ごはんを食べる時は1Fに降りるんだけど、
食べ終わって私が部屋に戻ろうとすると、急いでダッシュダッシュ(走り出すさま)してやってくる。
そして当然のように、2Fのりゅう部屋に向かう。
キリとはねの2匹部屋が、プラス天の3匹生活に変わりつつある。
時々、ササもプラス。
(呼吸が心配だから、時間がある時はササもりゅう部屋に連れてくる)
もともとササとキリが険悪のカンケイになって、部屋を分けたのが始まりなんだけど、
こうやって少しずつ慣れさせて、みんな仲良しに戻るといいなぁ。
今はまだ、油断すると険悪なうなり声&ケンカが始まるたらーっ(汗)

天の手が細かい動きができないことは、知ってるヒトも多いよね。
もちろん「にぎにぎ」もしたことがないんだけど、
さっきふと、ベッドに転がる転寝の天を見ていたら、
右の手が微かに、ホントに微かになんだけど動くのが見えた。
それを目にした途端、ぼたぼたっと涙が;;。
あー。疲れてるからかなぁ。何か涙もろくなってるよ。
なくなってしまった左の親指のツメも、ちょっと硬くなってきた。
これでちゃんと伸びてくれたら、ホントうれしいんだけど☆



やっぱり、こういう「ねこじゃらしリハビリ」が効くのかもね。
この水色モコモコは、Gaviちゃんが送ってくれたものなんだけど、
大人気過ぎて、1Fでみんなで遊んでいた時に噛み千切られて半分の長さに・・・
持ち手のアクリル棒も、あまりの体重と激しさに、ぽきっと半分に折れてたり・・・
こうやって夢中になって遊んでいるうちに、
ツメのあたりの筋肉や神経が強化されてるような気がするんだよね。
ほら、リハビリって継続するとちゃんと効果が出るじゃない?
動きはぎこちないけど、指先にちゃんと力が入ってるような感じだもん。
この調子で楽しく鍛えよう^▽^。
寝転がってじゃなければ、ダイエットも兼ねられるような気もするけど・・・
posted by りゅう at 10:00| ◆天の麻痺(両手のリハビリ:陰性) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月27日

階段

070627.JPG
"今日も2Fでお昼寝"

ちょっと前の出来事。
朝起きて、1Fに行こうと部屋のドアを開けたら、そこに天がいた。

あれ?何でここに天が?

まだ妹も起きてなかったし、誰かに連れてきてもらったワケでもなさそう。
そのまま、天を抱えて1Fに降りていったのだけど。
また、天は一段一段、階段をのぼりはじめた。

天、いつのまに階段を上れるようになったの?

天の両手は、確かに歩いたり動かすことはできるけど、
普通の猫のような滑らかな動きはできないし、自由に普通には曲がらない。
それでも、
こうやって「できること」がひとつずつ、ひとつずつ増えている。
手を滑らせて1段上がったり、ジャンプしたり。
そして今日は、自分でちゃんと階段を下りる姿も目にした。
降りるのはムリだろう、と思うヒトの心をよそに、
天はちょっとずつちょっとずつ、たまに滑るけど降りてくる。

天には、うちにいる他の猫が持っていないハンデがある。
でも当の天は、できないことがあってもそれを落ち込んだり、気にしたりしない。
「できること」を使って、さらに「できること」を増やしてる。
えらいなぁ。と思った。いつのまにか、できるようになってるんだもんね。
ササの片目も、そう。同じ。
病気も、同じ。
当の猫は気にしてない。
そういう姿を見ていると、しあわせだなぁって、そんな風に思える。

2Fに上がる事が楽しいのか、時々やって来てはりゅう部屋でヒト休み。

2006年11月03日

君に逢えてよかった

我が猫屋敷の2005年組は、はねから始まって5匹。最後が天。

1年前の今頃は、不安と悲しみを抱えてばたばた大騒ぎしていた。
061103a.JPG
ぼろぼろの小さな灰色のかたまり。それが天だった。
ひげは切られ、体にはたくさんの刃物傷。
鼻の下の部分が抉れ、左の口からのどにかけてぱっくりと切られた傷。
同じく大きく開いた足の傷。
両手がぐにゃっと折れ曲がったまま、小さな天は這っていた。
赤い首輪をしたまま、ごみ袋のそばで。
初めて見るその酷い傷を受けた子猫に、
あまりの悲しさとバカな人間を呪い殺したい怒りと、
傷がちゃんとふさがるのか、手をどうしたらいいのか、大パニックだった。
061103b.JPG
両手骨折と神経の麻痺で、こんな風に天の手は変な形でぐにゃっとしてて。
それでもうちにきて、ぐるぐる言って楽しそうだったのがフシギ。
壊死する前に両手を切断しないといけないかも、との診察を受けて、
どうしたらいいんだろう。
両手を切った後、どういう工夫をしたら天は楽しく暮らせるだろう。
そんな事をぐるぐる考えていたら、奇跡ぴかぴか(新しい)は少しずつ近づいて、
天の両手が少し反応を示すようになった。
神経が回復すれば、切断はしなくても大丈夫!
そして少しずつ天のリハビリが始まった。
(私の一喜一憂の日々も始まったたらーっ(汗)
このblogにたくさんの人が応援&お祈り&リハビリ情報を送ってくれて、
マッサージやごはんのお世話で検索する時間がない私をサポート𕾴してくれて。
061103c.JPG
こんなに小さな天。
ツライ思い、痛い思いをしたはずなのに、こんなにも無邪気。
我が家の猫みんなも天の状態がわかるのか、
ケンカをすることもなく、優先順位を天に譲ってくれていたっけ。
外の世界でタテのつながりは厳しいけど、でも家族意識はあると思う。
猫はちゃんと、弱者をいたわる心と社会を持ってるんだなぁって思った。
061103d.JPG
悩みに悩んで初めて2nd opinionをして、天の両手にギプスが付けられた。
病院1の先生は変に骨が固まらないようにギプスなし。
病院2の先生は体を支えられるよう、骨を固定するためギプス。
正反対の方法だったけど、どちらの先生の処置も納得いく。
でも結局、天はギプスのおかげで骨がまっすぐに近い形で固まって、
体を支えられるようになった。
両手のギプスが片手ギプスになり、そして自由に歩けるように☆

高いジャンプができなくても、天はまるで気にしない。
出来ないことがあっても、それを引け目に感じることもない。

体格のいいフミやでぶでぶの栗やハクにも、最近はケンカをふっかける。
ちびっこギャングそのもの。そして食欲魔猫。
061103mu.JPG
1年経って、こんなにも大きくなった☆良く育ってくれたねかわいい
天の腕の骨は曲がって固まってるけど、
手の先・指の骨の形は丸くないけど、
反応せず動かない部分もあるけど、
手首を曲げたりできないけど、
カワウソ体型をしっかり支えてくれる、頼もしい手だかわいい

1年前、ちゃんとキミに出会えてよかった。
ちゃんと見つけられてよかった。
うちにたどり着いてくれてよかった。
キミを助けようとがんばってくれた、たくさんのヒトに出会えてよかった。
061103.JPG
肩の骨や背骨、腰の骨も幼少の傷が原因で変形したままだから、
天は小さい時からこういう「立ち姿」のようなポーズをして休む。
それでも元気。
片目のササと同じく、障害があっても「障害」だとは自分で思っていない。
「障害も個性」っていうか、あるがまま、なんだよね。
左目があってもなくても、ササはササ。
ジャンプできてもできなくても、天は天。
病気であってもなくても、うちの猫はうちの猫。
みんなにちゃんと出会えてよかった。
障害を持ちながら障害だと思わないうちの猫たちと暮らしていると、
健常者・身障者への気持ちも変わってくる気がする。

誕生日おめでとう、天。
私を成長させてくれて、ありがとう☆
元気に成長してくれて、ありがとう☆
そしていつも応援してくれるみんなに、ありがとう☆